So-net無料ブログ作成
検索選択

ニワトリのご先祖様は? [コケコッコー物語]

 東南アジア地域に棲息するキジ科の野鶏が、いつの頃からか、人間に飼育されニワトリとなりました。
 この東南アジア地域に棲息する4種類の野鶏が原種として認められています。


赤色野鶏・・・・・フィリピン・マレーシア・スマトラ・タイ・ミャンマーなど東南アジア
         全域のジャングルに棲息。翼長22Cm。卵用種の祖先といわれています。

セイロン野鶏・・・セイロン島だけに棲息し、スリランカの国鳥に指定されています。

灰色野鶏・・・・・インドの南部と西部に棲息。羽色は灰黒色で、美しい斑点があります。
         翼長は25Cm内外。

緑襟野鶏・・・・・インドネシアのスンダ諸島に棲息。襟の羽毛が緑色になっています。


 鳴き声の分析から、ニワトリの祖先は赤色野鶏ではないかといわれています。日の出の前の東天の白みかけた頃と太陽が昇った頃、夕方の日没の前の1日3回、トキを告げるそうです。


koke01.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。