So-net無料ブログ作成

安心なタマゴ [たまご 何でも!]

 タマゴは、保存や調理の仕方など正しい取り扱い方法を守れば、いつも新鮮、美味しさもアップします。安心して美味しくタマゴを食べていただくための5つのポイントをご紹介します。

eggmove1.gif<ポイント1>   買ったらすぐに冷蔵庫へ!
 タマゴは生もの。多湿のところに放置しないで下さい。買ったらすぐに冷蔵庫なと10度以下の場所で保管しましょう。また、保管する際には、とがった方を下にするのもポイントです。

eggmove1.gif<ポイント2>   加熱調理は70度で1分以上!
 食中毒の原因となる「サルモネラ菌」は、加熱することで死滅してしまいます。70度で1分以上加熱するのが目安です。調理の際には十分に加熱してください。また、ナマで食べる場合は、必ず賞味期限内のタマゴを使用して下さい。

eggmove1.gif<ポイント3>   おいしくできたらほっとかないで!
 タマゴに限らずお料理は出来立てを食べるのが一番です。あたたかいタマゴ料理は食べる直前に調理をしてください。
ケーキやプリンなどの冷たいものは調理後冷蔵庫へ入れましょう。

eggmove1.gif<ポイント4>   割れもの注意、割るなら直前
 タマゴを割ったあとは、長時間放置するといろいろな菌に触れる可能性があります。直前に割ることです。そして、割ったらすぐに使うことです。一度割ったものは冷蔵庫に入れても長持ちしません。また、殻にヒビが入ってしまったものは、必ず加熱調理して使用してください。

eggmove1.gif<ポイント5>   「清潔」は料理の基本中の基本
 清潔な手、清潔な調理器具を使うことは料理の基本です。きれいに手を洗い、容器や包丁などの調理器具もよく洗った衛生的なものを使いましょう。特にナマの肉や魚を扱った調理器具は一度きれいに洗浄してから使うようにしましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。