So-net無料ブログ作成
検索選択

タマゴの値段はどこで決まる? [たまご 何でも!]

nikkei.png  日本経済新聞朝刊に「商品相場」欄があります。(右表参照)
この欄に、日曜と月曜及び祝祭日の翌日を 除いて毎日、鶏卵相場が発表されています。
例えば<東京>の相場を見ますと、「東洋キトク」・「東京」・「全農たまご」などと書かれています。これらは すべて荷受業者の名前です。荷受業者が毎日相場を作って発表しているのです。

 タマゴが消費者の皆様の食卓に届くまでの流通過程は2通りあります。
 まず、産地と消費者、あるいは小売店・加工業者と直結する場合です。これを「産直」と呼びます。大手スーパー大規模な加工業者の大部分は、産地と直結していますが、その値段は原則として、新聞発表相場を基準にしています。

 次に産地が荷受業者を経由して販売する方法です。この時荷受業者は、前日入荷したタマゴの在庫量と当日入荷量、当日販売量を考えて在庫見通しを予測します。当日の在庫量が前日の在庫量よりかなり増える様であれば相場価格を下げざるを得なくなり、逆に在庫量が大きく減る見通しの時は価格を上げることになります。

********************************************
毎日の食事を通じて健康になれること、
日本の食文化の素晴らしさを伝えたい…
松本米穀精麦株式会社 ライス・スクエア
〒360-0031埼玉県熊谷市末広1-79
【 E-mail 】kumagaya@naozane.co.jp
*********************************************


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。